So-net無料ブログ作成

Wish List

自分はWish Listの意味を知っていたかというと、アメリカではそんな習慣があることを何となく知っていた。

たいていの人は、Wish List の内容を直接 Eメールで知り合いに通知するが、どういうわけか Amazon.com は、Wish List を公開し、名前で探せるようにできることが重要だと思っているようで、あえて変更しない限り Wish List は公開する設定になっている。Amazon.com にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

Amazon.com の「Wish List」機能、プライバシー保護上問題あり?(Japan.internet.com)

これは三年前の記事だけどアメリカでもこの反応なんだから日本でAmazonのWish Listの機能を知らない人がいてもおかしくはない。家族や知人に知らせるだけならアメリカでも普通のことだろうけど、全然知らない他人にWish Listを公開する必要性なんてまったくない。

Amazonのアカウントを閉じようとしたら

Amazonからこんな返信が来た。

Amazon.co.jpにお問い合わせいただき、ありがとうございます。このたびは、ほしい物リストにつきまして、ご心配をおかけしておりますことを、お詫び申し上げます。

まず、当サイトの『ほしい物リスト』の機能について、あらためてご説明申し上げます。ほしい物リストとは、Amazon.co.jpのストアのなかから欲しい商品をリストアップして、お友だちやご家族にお客様がプレゼントとしてお受け取りになりたい商品を知らせることができるサービスです。

ほしい物リストの性質は、ご登録いただいた方のご希望商品を他のお客様にお知らせすることを主な目的としている機能であるために、登録時はどなたでも閲覧可能な「公開」設定にされております。また、作成者のお名前は変更がない限り「アカウント名」が使用されます。

Amazon.co.jpでは、お客様の意図に反してご自身のアカウント名が公開されることを防ぐため、お客様が新規でほしい物リストを作成される際、あるいはほしい物リストをご確認いただく際に、公開となる旨のご案内を表記しております。当サイトヘルプページにも、ほしい物リストについてご説明しておりますので、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

ほしい物リストを作成後に公開/非公開の設定を変更することもできます。設定変更方法は以下のとおりです。

1. 当サイトのページ上部の「ほしい物リスト」のリンクをクリックします。
2. 作成者の右側にある「設定内容を変更する」のリンクをクリックします。
3. アカウントにご登録のEメールアドレスとパスワードでサインインします。
4.「ほしい物リストの公開/非公開」で、該当の項目の左横にあるラジオボタンをクリックします。
5.「変更を保存」ボタンをクリックします。

また、ほしい物リストは特定の方にのみ公開することもできます。その場合は、お客様がEメールでお知らせした方のみがお客様のほしい物リストを見られます。特定の方にEメールでお知らせするには、ほしい物リストの「このリストをメールで友だちに知らせる」ボタンをクリックし、知らせたい相手のEメールアドレスを所定の欄に入力してください。当サイトより、指定されたEメールアドレス宛にお客様のメッセージとほしい物リストのリンクを添えたEメールをお送りします。

ほしい物リストを検索できるように設定した場合や、特定の方にお知らせした場合でも、ほしい物リストにはお客様のお届け先の詳細や電話番号は表示されませんのでご安心ください。ほしい物リストには、お客様ご自身で入力されたアカウント名、都道府県、自己紹介として入力した内容のみが表示されます。これらの設定は、お客様ご自身で簡単に非公開にご変更いただけます。

その他、ほしい物リストに関する詳細は、以下のURLより当サイトのヘルプページにてご確認ください。

http://amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/?nodeId=720602

Amazon.co.jpのまたのご利用を心よりお待ちしております。


これで全文なんだけど、これではアカウント閉じることができたかどうか分からない。「Amazon.co.jpのまたのご利用を心よりお待ちしております。」この言葉の行間を読めば退会できたのかもしれないがはっきりしない。で、さっきサインインしてみたらAmazonにアカウントが残ってた。そのうち削除するのかもしれないが、こんな対応じゃ使う気になれないよ。

しかも自分が送信したメールにはアカウント閉じる理由の中に『ほしい物リスト』について一言も書いていない。なぜなら自分は『ほしい物リスト』は使っていなかったんだから。

Amazonはメールを読まないで今日アカウント閉じた人全員にこういうメール送ってるのかもしれない。返信メールには連絡先も担当者の名前も書いていない。まともな企業ではそんなことありえないよ。

Amazonのプライバシー

密かな趣味が全公開--Amazonのウィッシュリスト、改め「ほしい物リスト」に注意?
http://japan.cnet.com/blog/staff/2008/03/12/entry_25005890/

Amazon怖い。Googleよりも怖いな。
自分はこのウィッシュリストは使ってなかったけど、いつかAmazonが自分が購入したものをリアルタイムで公開するマイノリティリポートに出てくるようなサービスを始めてもおかしくないな。
Amazonって便利なんだけど、それはやっぱりプライバシーを犠牲にしてるからだな。
あと退会もすごい面倒だよ。今時退会に詳細を書いてメール送らないといけないなんて遅れている。

アカウントを閉じる
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=872466

アカウントにご登録のEメールアドレスから以下の情報をお書き添えのうえ、
カスタマーサービス宛にEメールでご連絡ください。

・閉鎖をご希望のアカウントにご登録のお名前
・閉鎖をご希望のアカウントでの注文番号と商品タイトル
・今回アカウントを閉じる理由

メールアドレスはこちら
account-close@amazon.co.jp
件名は
アカウントを閉じる

件名も入れないと多分退会できない。

Google Sitesの予約語

Google Sitesのページの名前にwikiが間違って予約語になっていて、作成できてもエラーになって403が出て編集も削除も出来なくなる。次のバージョンで直るらしい。次のバージョンっていつだ?期待してたのにGoogle Sites使ってみると出来が悪くてがっかりだ。
googlesites.png

How do I DELETE a site??( Google Sites Help Group)
http://groups.google.com/group/sites-help-somethingisbroken/browse_thread/thread/a3d42037a2243d6/

iモード.net

activex.png

i-modeのメールをパソコンから利用できるようになって、Mac対応しているのかなと思ってみたけどActiveXを要求するなど無茶苦茶だな。これ作ったやつは何考えているんだ?Firefoxも使えないIE限定サイトじゃほとんど利用されないんじゃないか。auがGmail使い出したのと大違いだな。最初から失敗するのを分かっててこんなことできるのがすごい。2年後にサービスが終了していると予想する。

追記
なんでたかがメール見るのにこんなことしてるか理解できなかったが、これはspam対策なのか。でもこんな仕様で誰が利用するんだ?

iモード.net
http://imode.net/

ScobleがNHKの番組に出演

Robert ScobleがNHKの番組に出るのは前に書いたが、TwitterでNHKの番組についての感想を書いていたらしい。

これ放送記念日特集の番組だと思っていたけど、討論があるなら違うのかな?

ソニエリがドコモ向け携帯から撤退?

ソニー、ドコモ向け携帯電話から撤退・国内事業を縮小
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080310AT1D0900N09032008.html

これ本当かな?ドコモ向けを撤退するのにKDDI向けは撤退しないのはおかしいんだけど。本当でも嘘でも今日中にも発表あるだろう。次に撤退、合併するのはどこのメーカーだろう?日本メーカーで残るのはシャープと松下くらいでもいいな。あとはNokiaとサムスンがあれば十分だろう。

シャープ
松下
東芝
富士通
NEC
ソニーエリクソン←日本から撤退?
カシオ
京セラ
日立
三菱←撤退

Kyteは次のTwitterになる?

Twitterがブームになったきっかけと言えば昨年のSXSWのイベントで流行ったからであるが、これは日本ではほとんど知られてない、あるいは忘れられているかもしれない。

GoogleニュースでのSXSWの検索結果
http://news.google.co.jp/news?hl=ja&q=sxsw&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wn
今年のSXSWも日本ではほとんどニュースになっていない。

で、今年はKyteが次のTwitterになるかもしれないよという話。

Kyte: This Year's Twitter?(Silicon Alley Insider)
http://www.alleyinsider.com/2008/3/kyte_this_year_s_twitter_

Kyteは携帯電話(どんな携帯電話でも←これ本当だろうか?)でビデオをキャプチャできて、サイトに自分のチャンネルの投稿を簡単にできるようにする。携帯から生中継もできる。Qikでもできるが、それはNokiaの携帯だけだ。

TechCrunchにも記事が出ているね。ちょっと調べてみたらカメラは必須だな。あとJaveアプリが動く環境じゃないとダメらしい。“どんな携帯電話でも"というのは誇張だな。まあでもこれはなかなか面白いと思うよ。ただこれは日本では流行りそうにないな。下にSilicon Alley Insiderの記者が撮ったビデオを貼っておく。




ニュース動画の埋め込み

今はテレビ局のサイトにニュースの動画があるのは普通だけど、その動画をYouTubeみたいにブログなどに貼れるようにしないのはもったいないな。そして動画に広告も載ってない。ニュースの動画は需要あるだろうしブログに貼れるようになったらアクセス数も上がり、スポンサーもついていいんじゃないかと思うのだけどダメなんだろうか。ニュースは局が制作しているから著作権は問題ないよね。

Google AppsのURL

Google AppsのURLを独自ドメインに変えたら、
mail.example.comにアクセスできると思ってたのに
mail.example.comからmail.gmail.com/a/example.comに転送されるだけか。
メール以外のカレンダーもドキュメントも同じ。
無料のやつだからそうなのかもしれない。有料はどうなってるんだろ?
Gmail使ってるau oneとかlivedoorは自社ドメインでできているから有料だとできるのかな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。